JASRAC使用許諾申請について

DVD・CD制作にはJASRACに使用許諾申請が必要です

お客様が制作されるDVD/CDにおいて、日本音楽著作権協会(以下JASRAC)の管理楽曲が含まれている場合、 JASRACに使用許諾を得て、その楽曲ごとの使用時間に応じた使用料金を支払う必要があります。

JASRACとは?

正式名称は「一般社団法人日本音楽著作権協会」です。
その英語表記は、「Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers」となり、それぞれの単語の頭文字をとって「JASRAC」と呼ばれています。
JASRACは、国内の作詞者(Author)、作曲者(Composer)、音楽出版者(Publisher)などの権利者から著作権の管理委託を受けるとともに、海外の著作権管理団体とお互いのレパートリーを管理し合う契約を結んでいます。
音楽の利用者に対する利用許諾(ライセンス)、利用料の徴収と権利者への分配、著作権侵害の監視、著作権侵害者に対する法的責任の追及などを主な業務としています。

JASRAC管理楽曲とは?

作品の作詞者・作曲者が存命、あるいは死後50年未満の場合、その作品の著作権は保護期間内にあり、使用にあたっては作者の承認を得る必要がございます。
ですが、現在においては作詞者・作曲者の大部分がJASRAC会員となって、著作権の管理をJASRACに委託しています。
この場合、使用承認を得る作業をJASRACに申請し、使用許諾を得ることが出来ます。また、このような楽曲を「JASRAC管理楽曲」と呼びます。

さらに詳しい内容はこちら

JASRAC

ナゴヤディスクはJASRAC協定事業者です。各種申請手続きを代行いたします

ナゴヤディスクはJASRAC協定事業者として、厳正に申請手続きを行っております。
また、JASRAC管理楽曲については、この専門的な申請手続きを弊社で代行させて頂いております。
弊社制作物は全て、法律に則った適正なものとなっております。ご安心下さい。

JASRAC非管理楽曲の申請も可能な限りお手伝いさせて頂きます。

JASRAC非管理の楽曲については、お客様から直接、管理者(レコード会社・所属プロダクション・音楽出版会社など)へのお問い合わせが必要となってまいります。その際、管理者の連絡先をお調べさせて頂いたり、確認内容のアドバイスなど、お手伝いさせて頂きたく思っております。お気軽にお申し付け下さい。